--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.06.16

なめたらあかん!(後編)

さて、昨日の記事でやっと出た場所が残念にも国道で・・・・・

歩くしかなくなった柴雄とにゅうこ。

⇒2.0km 方面へ向かいとぼとぼと・・・・・

059.jpg

またしても、山道へ入る場所を発見し、いそいそと登るとそこは・・・・・





墓地・・・・(T-T)チ~ン





慌てて、『すいません!間違えました!!』って引き返したところで

両親と娘(チワワ抱き)の3人に遭遇!  ラッキ~☆

ここで、いつものにゅうこなら『下りる道はどっちですか?』と聞くのに、

なぜか『こ・・こんにちわ!』と挨拶だけ^^;

そしてその家族の後をつけるという姑息な手段に・・・・・ちょっと間をおいてね。






その結果・・・・・






060.jpg
二又道~~~  そして、家族を見失う。

もう、カンに頼るしかなく、左へ。

061.jpg

正解かどうかなんて、もうわかんないっっ!

壁のような斜面を柴雄に引きずられながら落ちる下りる~。

062.jpg

こんな上まで来ちゃってたんだ(泣)

バオとおうちに帰りたい・・・・・  半べそで歩き続けていると・・・


~~途中、ハイキングのご夫婦に出会う~~

ハイカー 『こんにちは~^^』

にゅ 『こ・・・こんにちは^^;』

ハ  『あ、犬といっしょだ^^』

にゅ 『え・・えぇ。^^;』
  ご夫婦は反対方向からやってきたので

にゅ 『こっちに行けば下りられますか?』

ハ 『???えぇ、まぁ・・・・』 
  
にゅ (なんかはっきりしないな~) 『こんな山道だなんて思っていなくって。』

ハ 『そうでしたか、お気をつけて^^』

にゅ 『はい、なめてました。すいません。』
 なぜか謝る私・・・



そして、彼らが来た方向へ進む。

かすかにゴロゴロ・・・と嫌な音も聞こえ始め --;

たどり着いた先は・・・・・



063.jpg
与作~は木~を切る~~~~(//▽//)

もう頭の中は♪ヘイヘイホー♪(思考回路停止状態)でした。笑っちゃったよ

無理だよね、バオちゃん・・・・ごめんね、疲れたでしょ・・・・

本当にこのまま山から下りられないんじゃないかとバオに話しかけました。



しかし、与作が来たということは、道があるはず!  

落ち着いてよく見ると





064.jpg
あ、あった! わかるかな?木の間の一本道。

左手にバオのリード。右手に雑草を必死で掴んで、なんとか下りられた・・・・



そこで見たものは、きれいに舗装された階段の踊り場。
そこには東屋まであり、おじさんと女性が休憩していました。

上から下りてきた犬連れの女に驚いた顔をするも、暖かく挨拶をしてくれて ;-;

でも、またしても駐車場までの道を聞かなかった私(バカ)

065.jpg

東屋を後にし、次の踊り場は展望台! やった・・・ようやく下界が見えた。

でも、ここからまた右と左に階段は分かれている。  どうしよう・・・すると上から


『すいませ~~~ん!ライター持ってる??』と、 東屋にいたおじさん。

持っていたので、貸してあげて、返しにきてくれたおじさん。

『どうもありがとうございました。』とご丁寧に帽子をとってお礼をいってくれた。

その頭は・・・・・・・ピッカー みごとな○ゲ具合。

それを見てこの人に聞くしかない!と思って、下山の道を聞きました。

おじさん、ありがとう。 私たち、生きて山からおりられたよ。

066.jpg
右の砂利道のぼって、左の階段から下りてきた(汗) 
けっこう険しいので、注意!とか書いておいてくれよ~!



でも、なぜおじさんを見て“この人だ”と思ったのか・・・・・それは、

じぃじに似ていたから^^ (イメージは⇒この方 )  

お墓参りに行ったから、心配でついてきてくれたのかしら(笑)



069.jpg
『もう、こりごりだよ~~~』

柴雄もかなりゲッソリしてみえます^^; 頑張ってくれて、ありがとうね!



車にもどり、携帯を確認すると・・・・・圏外でした 恐ろしい。

2~3時間は迷っていたと感じたけど、実際はちょうど1時間。すごい疲労感でした。





鎌北湖はとってもいい場所です。(今はちょっと水位が低かったけどね)
紅葉の時期などはかなり綺麗だろうと思います。是非おでかけください(笑)
くれぐれも、自然道の入り口はお間違いのないように ^-^/



長い長い、記事にお付き合いくださってありがとうございました。
柴雄もにゅうこも怪我一つなく無事でございます!


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へにほんブログ村へ
ちょっと頼もしかったバオちゃんと、今日筋肉痛がひどいにゅうこに、ポチお願いしま~す 












この記事へのトラックバックURL
http://shibanew.blog25.fc2.com/tb.php/279-e263cb49
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
戻ってこれてよかったですね~!
本当に心細かったでしょう~!
お母飯ならもう泣いてる。
いや、キレてるかも!
おなかがすいて・・・
一時間の出来事でも不安が募ると
長く感じますものね~
お疲れ様でした!
お母飯も安心して今晩眠れそうです(笑)
Posted by ミツルリのお母飯 at 2009.06.16 23:39 | 編集
すご~い!
スリルとサスペンス!!
もうドキドキしながら読んじゃいました~(笑)
最初に会ったワンコ連れの家族の時に「え~!なんで聞かないの~!?」って
ひとりでもがいてました。(爆)
でも無事に帰ってこれて本当に良かったね。
ライターも持っててよかったね♪
ばおちゃんもにゅうこさんもお疲れでした!!
Posted by at 2009.06.17 00:27 | 編集
迷子!
心細いですよねー(泣)
僕も公園とかに出掛けては、しょっちゅう迷子になってるので…。

バオくんもにゅうこさんもお疲れ様でした。
うちの豆蔵だったら、普通に大喜びだったと思いますけど(汗)
Posted by at 2009.06.17 00:45 | 編集
うっわぁーー!!!!!
サバイバーすぎですよ~(≧∀≦*)
いやぁ~、陽が落ちないうちに戻ってこられてホントよかったです!
なめたらあかんのね~(教訓ですね^^;)
バオくんもにゅうこさんも お疲れさま!
Posted by こむちゃちゃ at 2009.06.17 08:22 | 編集
無事ご帰還おめでとうv-424v-437
いやぁ~想像をはるかに超える後編でしたぞe-263
うちは旦那と小春とだったのでまだ「まぁ、なんとかなるよねぇ」って思っていられたけど…。
よくぞにゅうこ@さん頑張ったv-426
うちはそれ以後ハイキング散歩のときは「飲み物・おやつ・地図」は必ず持って行くようになったし、靴もトレッキング用を購入しましたのよ。
いつ何時こういう場面に遭遇するかわからないからねぇ。
にゅうこ@さんも『備えあれば憂いなし』ですぞv-352
次回は準備万端で探検に出かけてくださいね~v-343
Posted by 小春巻き at 2009.06.17 10:04 | 編集
ちょっと、ちょっと~!
ドキドキしながら読みましたよ。
危な~い!
迷ったら元来た道を戻ろうよ(笑)。
まかり間違ったら「犬連れ女性行方不明。山中で1晩
彷徨い歩く」な~んて新聞記事になっていたかも。
無事帰って来れてよかったですね。
きっとお父様が心配して導いてくれたのよ。
最後の柴雄君のお顔!
本当にこりごりな顔してる!
でも、きっとにゅうこ@さんも同じ顔していたんでしょうね。
お気をつけあそばせ!(もう行かないか?!)
Posted by Michy at 2009.06.17 12:04 | 編集
なんで!(怒)なんでチャンスが何回も
あったのに道を聞かないないの~?(怒)
と、思わずパソコンを揺さぶりそうに
なりました。

柴雄君、そんなかあちゃんをこれからも
頼んだよ!
Posted by hibari at 2009.06.17 12:07 | 編集
ドキドキしながら読み最後は笑いになっちゃいました!!
でも無事に生還でき何よりです~。
柴雄くんの顔がホントにうんざりって感じに見えてまた笑いが・・・。
もう一人と1匹では知らないところに行ってはいけませんよ~。
Posted by さち at 2009.06.17 12:11 | 編集
与作とピッカーのシーンで大爆笑。
吉幾三とピカチュウの空耳が聞こえたよv-418
入り口はお気軽ハイキングコースなのにすごいとこ行っちゃいましたね。
私もチェンマイ(タイ北部)でこういう経験あります。泣きそうになるよね。
山賊注意、とか書いてなかった?(^^;)
Posted by もじ子 at 2009.06.17 12:55 | 編集
よかったね~無事で良かった!山は怖いですぞ~
ばお君がしっかり歩いてくれてよかったですね。なんか頼もしい~もしばお君がもう歩けない・・・てなっちゃったら担いで下山・・・無理ですよね。じいじが無事帰してくれたのですよきっと。お疲れさまっす!
Posted by あおによし at 2009.06.17 14:01 | 編集
やまんば出なくて良かったね。
無事帰ってこれて良かったね~。
ライター持ってて・・・ん?
な~んで持ってんの~か~なぁ~~~(笑)。
Posted by れいごん at 2009.06.17 15:15 | 編集
無事でよかったよ~。
私なら来た道戻るけどにゅうこさんは前進あるのみだったんだ。
野生の勘なのかな?(どっちの?^^;)
スリリングな時間だったけどじぃじの想いが
ピカッおじさんになって現れたステキな一瞬と出会えてよかったね♪
Posted by taearc at 2009.06.17 15:56 | 編集
ハイキングコースは、意外と思わぬところに出てしまうから、
無事で何よりでした!!
こういう時って、
一時間が何時間にも感じますよね~。
うちは犬連れの時は、
一本道のハイキングコースしか行ったことがないのですが、
何本にも分かれていたら、
・・・たぶん万里を頼ってしまうかも(^^ゞ
Posted by 万里ママ at 2009.06.17 23:11 | 編集
e-68ミツルリのお母飯へ
ものすっごい独り言を言っていたので(バオに話していたつもり)、傍からみたら楽しそうにみえたかも^^;
とっても濃い1時間でしたよ・・・眉毛とか伸びた感じ(笑)


e-68華さんへ
うふふ・・・ドキドキしてくれました?
いつもは誰にでも道聞いちゃうタイプの人なんですが、この日はなぜか?
『バオと二人で乗り切ってやる!』みたいな?? 自分でも不思議です(笑)


e-68芳さんへ
はい。公園で迷子=芳さん&お豆ちゃんと常々思っていましたので(笑)
いつも芳さんはこんな感じなのかな?って笑っちゃいました。
(いつも・・・て失礼ですね^^;)
お豆ちゃんくらいパワフルだったら、切り傷・擦り傷大変なことになったでしょう!
私には、やっぱりバオでちょうどいいみたいです^^


e-68こむちゃちゃさんへ
サバイバー・・・しばらく無茶はやめておきます(笑)
まだ、お昼前の時間だったの^^; でも、焦った焦った!


e-68小春巻きさんへ
無事に戻ってまいりましたe-374
想像超えちゃった? 確かにハイキング道なんていえる代物ではなかったよ ;-;
今回備えていたのはライターだけ・・・おやつも必需品ですね!


e-68Michyさんへ
あはは~、仰るとおりです(ちょっと反省してるの)
“なんとかなるさ”の精神も、時に危険ですね^^;
柴雄の顔はひどかった(笑)きっとバオも私を見て『母ちゃんの顔、ヒデェな・・・』と思ったはず!


e-68hibariさんへ
hibariちゃん、母ちゃんは汗で顔中ドロドロだったから、人と顔を合わすのが恥ずかしかったのかも。
それか、根拠のない自信とかもってる人だから・・・
ボクも時々手に負えないことがあるんだ。
また、怒ってやってね!   柴雄より



e-68さちさんへ
なんとか戻ってまいりました^^; 怪我もなかったので、こうして笑い話にできました!
今度はちゃんと準備してから出かけま~す(また行くんかいっ)!


e-68もじ子さんへ
ほんと、木の切り出し場ではあの光景を見て『・・・・与作』しか出てこず(笑) サブちゃんだった!
先に登った人たちは、いずこへ???ってそれが今でも不思議!
チェンマイで山賊??考えただけでブルッっとくるよ。
ここは注意書きは何一つなかったです。あったほうがいいな・・・私のために(笑)


e-68あおによしさんへ
ほんとに今回はバオに感謝・じぃじに感謝ですね!
いつもなら座り込んじゃってもおかしくないのに。
次回は(!?)ちゃんと予習してから行きます^^;きっとバオは拒否するね(笑)


e-68れいごんちゃんへ
やまんば、こっちのほうは出ないみたい(笑)
私がやまんばみたいだったよ!
え?ライター???(汗汗汗汗・・・)
コレハノロシヲアゲルタメニモッテイッタノデス   だめ?(笑)


e-68taearcさんへ
そうそう、野獣野生のカンです!!(笑)
また、バオと一緒にじぃじにお礼のお墓参り行かなきゃです^^
でも、しばらく山はこりごりかな^^;


e-68万里ママさんへ
はぁ~!無事でした^^; 疲労だけは仕方ないですね(笑)
柴雄を頼りに行こうとしたら、マーキングと草食に夢中でまったく使えず--;
万里ちゃん、頼もしいです!疾風くんは・・・ビビッチャうかしら(笑)


Posted by にゅうこ@ at 2009.06.21 16:01 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。